不動産投資を始める

マンション

物件選びが重要

投資の種類には様々なものがありますが、中でも最近注目されていてリスクが比較的小さいと言われているのが投資用マンションの購入です。投資用マンションとは不動産投資の一つで、マンションを購入して賃貸することによって収益を得ることができます。注目されている理由の一つは投資用マンションという資産を購入することで最終的な資産形成をすることができること、不動産投資ローンを活用してマンションを購入することができるため初期投資額が少なくて済むことなどが挙げられます。特に、サラリーマンのように当初の資本が少ない場合には、ローンを組むことで少ない元手からでも投資を始めることができるという大きなメリットがあります。また、投資用マンションの価格は大きく上下しないことから比較的リスクが少ないと言えます。ただ、重要なポイントは空室が生じず継続的に賃貸される物件であるかどうかです。安い物件であっても高い物件であっても賃貸できなければ収益を得ることができませんので、人気の物件を選ぶことが重要なポイントになります。投資用マンションの物件を選ぶ場合のポイントとしては、一番が「立地」です。利便性の高い駅が近くにあり交通の便がよいことは重要です。また、大学の近くのマンションや再開発が予定されているエリアのマンションなども将来的な需要を見込むことができます。さらに、投資用マンションを選ぶ場合にはコンパクトな物件を選ぶことが大切です。ファミリー世帯用のマンションよりも単身用のマンションの方が流動性も高く賃貸収入の下落も少ない傾向にあるからです。