資金回収の絶好のチャンス

女性

法人の購入を考えた計画を

リーマンショック前より高くなっているのが、不動産相場です。景気回復や2020年の東京オリンピックを理由に、日本全国の不動産価格が上昇しています。投資用一棟マンションを保有されている場合には、絶好の売り時が到来しています。投資を成功に導く出口戦略とするために、早めに売却計画を立ててはいかがでしょうか。投資用一棟マンションの売却時には、様々なことを考慮しなければなりません。購入希望者は、一般的な不動産とは異なります。マイホームの売却とは宣伝方法が違うため、投資用物件に特化した不動産会社に相談することが重要です。また、一棟アパートより売買価格が高額となるため、法人が購入希望者となるケースもあります。多くの企業が積極的に投資用物件を購入しており、法人営業が得意な不動産会社であることも必要です。不動産会社を選ぶ際には、節税のアドバイスを受けられるかも比較したいポイントです。もし、売却益が出る場合には、譲渡所得税を納税しなければなりません。しかし、個人であれば、特定事業用資産の買い換え特例制度を利用できます。新たにマンションなどを購入し、事業用として提供することで利用できる制度です。特例を利用することで、譲渡所得の計算時に買い替え代金を考慮できます。しっかりと節税ができるため、税務に長けた不動産会社に相談しましょう。税理士と連携している不動産会社であれば、相続税まで含めた節税対策が可能です。一棟マンション売却時には、満室であることが理想です。もし、空室がある場合には、短期間で満室にしてくれるかも不動産会社選びのポイントになります。