お得な投資

マンション

タイミングを考える

不動産投資は売却する時の出口戦略をいかに立てるかが大切です。不動産を売却する時の税率は短期よりも長期の方が低いです。不動産は金融機関から融資を得てから購入することができるので、上手く行くと高い利益を得ることができます。マンション一棟購入する時は、金融機関から融資を受けることがほとんどです。金融機関が融資を拡大している時は、マンション一棟を購入しやすい環境といえます。不動産投資をする際には、物件を売却する時の経済状況を想定することも大切です。売却する時の景気が良いと、金融機関は融資に積極的になります。マンション一棟を売却する時に金融機関の融資体制が良いと、ローンが通りやすくなり物件購入者が増えます。建物価値は時間とともに下がっていきますが、土地価格は上昇することもあります。土地価格が上昇することで、家賃収入によるインカムゲインの他にキャピタルゲインを得ることもあります。開発が進む地域は利便性が増して、土地価格が上昇することも多いです。マンション一棟に投資をする際には、周辺環境の変化に注目する必要があります。地域の変化は人口動態を見ることで、ある程度想定することができます。人口の流入が続いてる地域は、引き続き不動産への需要が高くなると想定することが可能です。貸出金利は日々変動していて、金利が有利な時に融資を受けることも大切です。融資が盛んになると金利が上がるともありますので、金利が上がる前に早めに不動産を購入することも一つの戦術となります。